進撃の巨人

アニメ進撃の巨人は全何話?知らないと損する秘密情報!

アニメ進撃の巨人は全何話?知らないと損する秘密情報! 進撃の巨人
スポンサーリンク

進撃の巨人』、この名前を聞いただけで胸が高鳴る人は少なくないでしょう。2013年の放送開始から、世界中のアニメファンを熱狂させてきたこの作品。しかし、一体全何話あるのでしょうか?

今回は、アニメ進撃の巨人は全何話?という疑問に迫ります。長期にわたる放送で、数多くの謎と戦いが繰り広げられたこのアニメ。その全話数とは、ファンならずとも気になるところです。

この記事では、アニメ『進撃の巨人』の全シーズンを振り返り、それぞれの話数を明らかにしていきます。さらに、制作の裏話や、ファンにはたまらないトリビアもご紹介。このアニメの世界にもう一度浸ってみませんか?

スポンサーリンク

アニメ進撃の巨人は全何話?

アニメ進撃の巨人は全何話?

『進撃の巨人』は、日本の人気アニメシリーズで、原作は諫山創による同名の漫画です。このアニメは、2013年に放送を開始し、2021年まで続きました。物語は、巨人に支配された世界を舞台に、人類が巨人に対抗するために戦う様子を描いています。

アニメ『進撃の巨人』は、全部で4シーズンに分かれており、合計で75話となっています。第1シーズンは2013年に放送され、25話で構成されています。続く第2シーズンは2017年に放送され、12話となっています。第3シーズンは、2018年と2019年に分けて放送され、全22話です。最後の第4シーズンは、2020年から2021年にかけて放送され、合計で16話でした。

このアニメは、その独特な世界観や深いキャラクター造形、そしてスリリングなストーリーラインで、世界中の多くのファンを魅了しました。また、アニメーションの品質も高く評価され、数多くの賞を受賞しています。『進撃の巨人』は、現代アニメの中でも特に印象的な作品として、多くの視聴者に愛され続けています。

スポンサーリンク

アニメ進撃の巨人の3期は全何話?

アニメ進撃の巨人の3期は全何話?

『進撃の巨人』の第3期は、非常に人気のあるアニメシリーズの一部です。この第3期は、2018年から2019年にかけて放送され、全体で22話から成り立っています。

第3期は、2つのパートに分かれています。第1パートは2018年の7月から10月にかけて放送され、12話で構成されています。そして、第2パートは2019年の4月から7月にかけて放送され、10話で構成されています。

このシーズンは、物語の重要な転換点を描いており、キャラクターたちの過去や、巨人の謎に関する深い真実が明らかになります。ファンからは、そのドラマチックな展開やキャラクターの成長、アクションシーンの質の高さで高く評価されています。

『進撃の巨人』第3期は、シリーズの中でも特に重要な役割を担い、ファンにとって忘れがたいエピソードが数多く含まれています。そのため、このシーズンはアニメファンだけでなく、物語を深く知りたい新規視聴者にとっても見逃せない内容となっています。

アニメ進撃の巨人:シーズン一覧

『進撃の巨人』は、諫山創による同名の漫画を原作とするアニメシリーズです。このアニメは、2013年から2021年にかけて放送され、全4シーズンに分けられています。各シーズンは独自の物語と特徴を持ち、巨人に立ち向かう人類の戦いを描いています。

第1シーズンは、2013年に放送開始されました。全25話から構成されており、巨人によって人類が追い詰められた壁内の世界を紹介し、主人公エレン・イェーガーの物語が始まります。

第2シーズンは、2017年に放送されました。全12話で、物語はより複雑で深みのある展開を見せます。巨人の謎が少しずつ明らかになり、キャラクターたちの背景も掘り下げられます。

第3シーズンは、2018年と2019年に分けて放送され、全22話です。第3シーズンは2部構成で、第1部は壁内の政治的な謎を追い、第2部では壁外の探索と巨人の起源に迫ります。

最後の第4シーズンは、2020年から2021年にかけて放送され、16話で構成されています。シリーズのクライマックスとなるこのシーズンでは、壮大なスケールでの戦いが展開され、物語は衝撃的な結末に向かいます。

『進撃の巨人』は、その革新的なストーリーテリングとビジュアルで、世界中の多くのファンを獲得しました。各シーズンはそれぞれ独自の魅力を持ち、アニメファンには必見の作品となっています。

進撃の巨人のアニメが延期したのはなぜ?

『進撃の巨人』のアニメが延期された理由について、複数の報告があります。主な理由としては、制作過程での作業量が予想以上に増加したことが挙げられています。アニメの完結編の制作において、高いクオリティを保つためには追加の時間が必要であったと考えられます。これは、アニメ業界における一般的な問題であり、特に『進撃の巨人』のような人気作品では、ファンの期待に応えるためにも、製作にさらなる時間と労力が投じられることがあります。

また、アニメ制作会社のMAPPAが、他のプロジェクトとの並行作業により多忙であったことも、延期の一因と考えられます。MAPPAは『進撃の巨人』の他にも複数の人気アニメシリーズを手掛けており、その全てに高いクオリティを求められるため、スケジュールの調整が難しくなった可能性があります。

これらの理由から、アニメ『進撃の巨人』の完結編の放送が延期されることとなったのです。このような延期は、視聴者にとっては残念なニュースかもしれませんが、アニメの品質を保つためには避けられない選択であったと言えるでしょう。制作チームは、最高の作品を届けるために尽力しており、完成した作品はファンの期待に応えるものになることでしょう。

アニメ進撃の巨人は完結までに何年かかった?

『進撃の巨人』は、諫山創の人気漫画を原作とするアニメシリーズで、その放送は2013年から始まりました。このアニメは、複雑で深い物語と独特な世界観で、すぐに多くのファンの心を掴みました。

アニメは、全部で4シーズンに分かれており、2021年に最終シーズンの放送が終了しました。つまり、アニメ『進撃の巨人』が完結するまでにかかった時間は約8年です。この期間中、アニメは多くの視聴者に愛され、その人気は国内外で高まっていきました。

アニメの各シーズンは、原作漫画の異なる節を基に制作されており、物語はエレン・イェーガーと彼を取り巻く人々の成長と戦いを描いています。アニメーション制作会社の変更、ストーリーの複雑化、そしてファンからの高い期待により、制作チームは各シーズンの完成に多くの時間と労力を費やしました。

『進撃の巨人』のアニメが完結するまでの8年間は、ファンにとっては長い期間であったかもしれませんが、その間にシリーズはアニメ業界での地位を不動のものとしました。最終シーズンの放送が終了した今、『進撃の巨人』は現代アニメの中で特別な位置を占める作品となっています。

進撃の巨人の漫画は全何巻?

『進撃の巨人』は、諫山創による日本の漫画作品で、2009年から2021年まで「別冊少年マガジン」に連載されました。この漫画は、巨人と人類の壮絶な戦いを描いたストーリーで、世界中に多くのファンを持っています。

全体で、『進撃の巨人』の漫画は34巻まで発行されています。各巻は、物語の重要な節を含んでおり、登場人物たちの成長、壮大な戦闘シーン、そして謎に満ちたストーリー展開が特徴です。

諫山創の独特な画風と、深い物語性が評価され、『進撃の巨人』は多くの読者に愛され続けてきました。特に、物語の後半においては、キャラクターの背景や世界観の拡大が図られ、読者をより一層の物語の世界に引き込みます。

この34巻にわたる長大なシリーズは、日本の漫画業界において大きな影響を与え、数多くのアダプテーション作品、例えばアニメや映画などが制作されました。『進撃の巨人』は、その終了後も多くの漫画ファンにとって特別な作品として記憶に残るでしょう。

アニメ進撃の巨人は全何話?のまとめ

アニメ進撃の巨人は全何話?知らないと損する秘密情報!

  • 『進撃の巨人』アニメは全75話です。
  • 『進撃の巨人』アニメ第3期は全22話から成り立っています。
  • 『進撃の巨人』アニメは全4シーズンあり、2013年から2021年まで放送されました。
  • 『進撃の巨人』アニメの延期は、制作過程の作業量増加と制作会社MAPPAの多忙が主な理由です。
  • 『進撃の巨人』アニメは放送開始から完結まで約8年かかりました。
  • 『進撃の巨人』の漫画は全34巻です。

【関連記事】
アニメ進撃の巨人「海の向こう側」の謎を徹底解析!
進撃の巨人解説!ジャンとミカサの関係の真実とは?
驚愕!進撃の巨人、喋る巨人の真実がついに明らかに
2023年も続く?ユニバの進撃の巨人アトラクション最新情報!
進撃の巨人:エレンの真の目的とは?驚愕の結末を解説!