スポンサーリンク
格闘技

格闘技のリーチの測り方を完全ガイド!正確な測定方法と注意点、戦術への活用法まで徹底解説

格闘技 格闘技

格闘技においてリーチは、選手の戦術に大きな影響を与える重要な要素です。

「格闘技 リーチ 測り方」と検索している方は、自分のリーチを正確に把握し、戦術を最適化したいと考えていることでしょう。

リーチの測定が正確であれば、トレーニングの効果を最大限に引き出し、試合でのパフォーマンス向上につながります。

この記事では、リーチの正しい測り方、注意点、さらにはリーチを活用した戦術や短いリーチをカバーするための対策について詳しく解説します。

リーチを正確に理解し、自分の強みを最大限に活かすための方法を学んでいきましょう。

【記事のポイント】

  • 正確なリーチの測り方とその注意点
  • リーチが身長より短い理由と対策方法
  • リーチを活用した戦術と戦略の立て方
スポンサーリンク

格闘技のリーチの測り方と注意点

リーチは格闘技において重要な要素です。正確にリーチを測ることで、自分の戦術を効果的に計画できます。ここでは、リーチの正しい測り方と注意点について説明します。

まず、リーチを測るためには柔軟な測定テープが必要です。助手を用意し、背筋を伸ばしてリラックスした状態で立ちましょう。両腕を肩の高さで水平に伸ばし、中指の先端からもう一方の中指の先端までの距離を測定します。

測定テープを体の前面を通して、両手の中指の先端を正確に合わせます。このとき、肩や肘が曲がっていないか確認し、体が傾かないように注意してください。

一方、リーチを測る際にはいくつかの注意点があります。まず、正確な姿勢を保つことが重要です。背筋を伸ばし、リラックスした状態で立つことが必要です。また、測定テープがたるまないように、ピンと張って測定することも大切です。

さらに、測定を一度だけでなく、複数回行い、平均値を取るとより正確な結果が得られます。測定の結果を記録し、定期的に再測定してトレーニングの効果を確認しましょう。

リーチの測り方を正確に理解し、注意点に気を付けることで、トレーニングや試合でのパフォーマンスを向上させることができます。

スポンサーリンク

リーチの重要性と定義

リーチは格闘技において、選手の戦術に大きな影響を与える重要な要素です。ここでは、リーチの定義とその重要性について詳しく説明します。

リーチとは、選手が両腕を広げたときの中指の先端から反対側の中指の先端までの距離を指します。この距離は、選手の打撃範囲を決定するため、攻撃と防御の両面で重要な役割を果たします。

リーチが長い選手は、相手より遠い距離から攻撃を仕掛けることができ、相手の攻撃を避けやすくなります。これにより、リーチの長さが戦術の幅を広げる要素となります。

一方で、リーチが短い選手は、相手との距離を詰める戦術を駆使することが求められます。接近戦での優れた技術やフットワークが重要となり、リーチの不足を補うための工夫が必要です。

また、リーチは選手の戦術スタイルにも影響を与えます。リーチが長い選手は、ジャブやストレートを多用するアウトボクシングスタイルを採用しやすくなります。一方、リーチが短い選手は、インファイトでのボディブローやアッパーカットを得意とするスタイルが適しています。

このように、リーチの長さは格闘技において非常に重要な要素です。自分のリーチを正確に把握し、それを活かした戦術を構築することで、試合でのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

スポンサーリンク

リーチが身長より短い理由と対策

リーチが身長より短い理由は、個々の身体の比率や遺伝的要素に大きく依存します。多くの人がリーチと身長が比例すると考えがちですが、実際には異なる場合が多々あります。

まず、腕の長さは遺伝的要素が強く影響します。家族の中で腕が短い人が多い場合、その特徴を引き継ぐ可能性が高いです。また、肩幅もリーチに影響を与えます。肩幅が狭いと、腕を広げた際のリーチも短くなります。

次に、トレーニングの影響も考慮すべきです。筋力トレーニングやボディビルディングにより筋肉が発達すると、肩や腕の可動域が制限されることがあります。このため、筋肉が厚くなることでリーチが実際の身長よりも短く感じられることがあります。

これに対する対策としては、まず自分の身体の特性を理解することが重要です。リーチが短いことを認識し、その特性に合った戦術を採用する必要があります。例えば、接近戦を得意とするスタイルや、素早いフットワークで距離を詰める戦術が有効です。

さらに、柔軟性を高めるトレーニングも有効です。ストレッチングやヨガを取り入れることで、筋肉の柔軟性を向上させ、腕をより遠くまで伸ばせるようになります。これにより、リーチの短さを部分的に補うことができます。

最後に、リーチが短いことをカバーするための技術的なトレーニングも重要です。クリンチやグラップリングの技術を磨き、相手に接近してからの攻撃を効果的に行う方法を学びましょう。これにより、リーチの短さを不利とせずに戦うことができます。

スポンサーリンク

身長170cmの人のリーチ

身長170cmの人のリーチは、一般的にその身長とほぼ同じかやや短いことが多いです。しかし、個人差が大きく、リーチが長い人もいれば短い人もいます。このため、正確なリーチを測定することが重要です。

170cmの身長を持つ格闘家のリーチは、平均して約170cm前後ですが、これはあくまで目安です。例えば、リーチが長い選手は170cmの身長に対してリーチが180cmに達することもあり、逆にリーチが160cm程度の選手もいます。

リーチが長い場合、その選手は遠距離からの攻撃が得意で、ジャブやストレートを多用する戦術を採用しやすくなります。リーチを活かして相手との距離を保ちながら戦うことができるため、ディフェンスも効果的に行えます。

一方、リーチが短い場合は、接近戦に強みを持つ戦術が有効です。素早いフットワークやボディワークを駆使して相手に接近し、強力なパンチを繰り出すことが求められます。ショートレンジでの攻撃を得意とし、クリンチやグラップリングを活用することが有効です。

このように、身長170cmの人のリーチは個々の特性に応じて大きく異なります。自分のリーチを正確に把握し、その特性を最大限に活かした戦術を採用することで、格闘技において優位に立つことができます。

スポンサーリンク

日本人の平均リーチ

日本人の平均リーチは、一般的に身長とほぼ同じか少し短いとされています。これは、身体の比率や遺伝的要因が影響しているためです。

平均的な日本人の身長は男性で約170cm、女性で約158cmです。それに対して、男性の平均リーチはおおよそ170cm、女性の平均リーチは約158cm程度です。もちろん個人差があり、これよりも長い人や短い人もいます。

リーチが身長とほぼ同じであることは、他の国と比較しても一般的な傾向です。欧米人と比べると、日本人は全体的に体格が小柄であるため、リーチもそれに比例しています。

このようなリーチの平均値を理解することで、自分のリーチがどの程度なのかを把握しやすくなります。特に格闘技を行う際には、自分のリーチを知り、それに合った戦術を練ることが重要です。

リーチが短いと感じる場合でも、接近戦での技術やフットワークを磨くことで、その不利をカバーすることができます。逆にリーチが長い場合は、その長さを活かした遠距離からの攻撃を得意とする戦術を採用することが有効です。

日本人の平均リーチを知ることは、格闘技において自分の強みや弱みを理解し、それを戦術に反映させるための第一歩となります。

スポンサーリンク

リーチを効果的に伸ばすトレーニング法

リーチを効果的に伸ばすためには、特定のトレーニングを取り入れることが重要です。直接リーチを伸ばすことはできませんが、柔軟性や筋力を高めることで、実際の打撃範囲を広げることができます。

まず、ストレッチングを日常的に行うことが大切です。特に肩や背中、腕の筋肉を重点的に伸ばすストレッチを行いましょう。例えば、アームストレッチやショルダーストレッチ、背中のストレッチなどが効果的です。これにより、腕をより遠くまで伸ばすことが可能になります。

次に、筋力トレーニングも取り入れることが重要です。上腕二頭筋や三頭筋、肩の筋肉を強化することで、パンチのスピードとパワーが向上します。ダンベルやバーベルを使用したカールやプレス、フライなどのエクササイズが適しています。

また、コアトレーニングも欠かせません。強力なコアは、より遠くまでリーチを伸ばすための基盤となります。プランク、クランチ、ロシアンツイストなどのエクササイズを行い、腹部や背中の筋肉を鍛えましょう。

さらに、パンチングドリルを取り入れることで、打撃の有効範囲を広げることができます。バッグやミットを使用してフルリーチでのパンチを繰り返し練習することで、リーチを最大限に活用できるようになります。

これらのトレーニングを継続的に行うことで、リーチを効果的に伸ばすことができます。日々のトレーニングに取り入れ、自分のリーチを最大限に活かした戦術を構築しましょう。

スポンサーリンク

リーチを活用した戦術と戦略

リーチは格闘技において重要な要素であり、効果的に活用することで試合の流れをコントロールすることができます。ここでは、リーチを活用した具体的な戦術と戦略を紹介します。

まず、リーチが長い選手にとって最も基本的な戦術は、ジャブを多用することです。ジャブは相手との距離を保ちながら攻撃できるため、相手の動きを制限することができます。また、相手のリズムを崩し、自分のペースで試合を進めることが可能です。

次に、リーチを活用するためには、距離の管理が重要です。リーチが長い選手は、相手が攻撃を仕掛ける前に自分の攻撃を当てることができるため、常に適切な距離を保つことが求められます。フットワークを駆使して、相手との間合いをコントロールしましょう。

さらに、リーチを利用したカウンター攻撃も効果的です。相手が攻撃を仕掛けてきた際に、その動きを読んで素早く反撃することで、相手にダメージを与えることができます。このためには、相手の動きを観察し、タイミングを見極める技術が必要です。

また、リーチを活かした防御戦術もあります。相手が攻撃を仕掛けてくる際に、リーチを活用して相手の攻撃範囲外に身を置き、反撃のチャンスをうかがいます。これにより、無駄なダメージを避けつつ、自分の攻撃に繋げることができます。

最後に、リーチを活用するためには、総合的な戦術を持つことが重要です。リーチが長いからといってそれだけに頼るのではなく、フットワーク、カウンター、ディフェンスなどをバランスよく組み合わせることで、より効果的に戦うことができます。

スポンサーリンク

リーチが短い選手の戦術的アプローチ

リーチが短い選手は、リーチのハンディキャップを克服するために独自の戦術的アプローチを取る必要があります。ここでは、リーチが短い選手が効果的に戦うための戦術を紹介します。

まず、接近戦を重視することが重要です。リーチが短い選手は、相手との距離を詰めて戦うことで、その不利を補うことができます。接近戦では、ボディブローやアッパーカットなど、近距離で効果的なパンチを多用することが求められます。

次に、素早いフットワークを駆使して、相手の攻撃範囲外から素早く距離を詰めることが重要です。フットワークを活用して相手の死角に入り込み、一気に攻撃を仕掛けることで、リーチの差を感じさせない戦い方が可能になります。

さらに、ヘッドムーブメントを取り入れることで、相手の攻撃を避けながら接近することができます。リーチが短い選手は、頭の動きを使って相手のパンチをかわし、反撃のチャンスを作り出すことが重要です。これにより、相手の攻撃を無効化し、自分の攻撃に繋げることができます。

また、クリンチを効果的に活用することも有効です。相手に接近してクリンチを行うことで、相手のリーチを活かした攻撃を封じ込め、自分のペースで試合を進めることができます。クリンチからの攻撃やテイクダウンを狙うことで、リーチの短さをカバーすることができます。

最後に、リーチが短い選手は、タイミングと精度を重視した戦術を採用することが重要です。相手の攻撃の隙を見極め、正確なタイミングで攻撃を仕掛けることで、効果的にダメージを与えることができます。リーチの短さを逆手に取り、相手の予測を裏切る動きを取り入れることで、試合を有利に進めることができます。

このように、リーチが短い選手でも、適切な戦術と技術を駆使することで、リーチのハンディキャップを克服し、試合で成功を収めることが可能です。

スポンサーリンク

まとめ:格闘技での正しいリーチの測り方と注意点

格闘技

記事のポイントをまとめます。

  • リーチの正しい測り方は、両腕を肩の高さで水平に伸ばし、中指の先端からもう一方の中指の先端までの距離を測る
  • リーチを測る際の注意点として、正確な姿勢を保ち、測定テープをピンと張って複数回測定する
  • リーチが身長より短い場合、柔軟性を高めるトレーニングや接近戦の技術を磨くことが有効

【関連記事】
格闘技団体「DEEP」のファイトマネーは?報酬の仕組みと他団体との比較を詳しく解説
格闘技をやってる人がモテる理由とは?引き締まった体と精神的強さが異性に好印象を与える秘密
格闘技団体「巌流島」がつまらない理由とは?独特なルールと試合展開の課題を詳しく解説

スポンサーリンク
シェアする