スポンサーリンク
GACKT

GACKTの本名は岡部学?大城ガクトへの改名理由とその後の多岐にわたる活動内容を詳しく紹介

GACKT GACKT
引用:GACKT(ガクト)オフィシャルウェブサイト(https://gackt.com/)

GACKT 本名 岡部学」この検索キーワードを入力したあなたは、彼の本名に関する真実を知りたいと思っているでしょう。

長年にわたり「岡部学」として知られていたGACKTですが、実際には「大城ガクト」という本名が存在します。

この記事では、GACKTの本名がどのようにして「岡部学」から「大城ガクト」へと変わったのか、その背景や理由を詳しく解説します。

さらに、改名後の彼の多岐にわたる活動についても触れ、ファン必見の情報をお届けします。

さあ、GACKTの本名にまつわる驚きの真実を一緒に探っていきましょう。

 この記事のポイント!

  • GACKTが「岡部学」から「大城ガクト」に改名した理由と背景
  • 大城ガクトとしての音楽や仮想通貨事業などの活動内容
  • 改名に伴う家族の事情やGACKTのアイデンティティ形成の過程
スポンサーリンク

GACKTの本名は岡部学?

GACKTの本名については、長い間「岡部学」とされてきました。実際、彼がデビュー当初に使用していた名前は「岡部学」でした。

しかし、彼の本名は「大城ガクト」であると、2017年に自身のブログで公表されました。この背景には両親の離婚とその後の家庭の事情が関係しています。

GACKTの本名が「岡部学」であったのは、彼の父親の姓を名乗っていたためです。しかし、両親が離婚し、母方の祖母の養子となったことで姓が「大城」へと変更されました。

その後、GACKTは自身の芸名である「ガクト」を正式に本名に取り入れ、「大城ガクト」と改名しました。

この改名により、彼の本名は「岡部学」から「大城学」、さらに「大城ガクト」へと変わったのです。

このような改名の過程は、一般の人々にはなじみのないものですが、法律的には可能であり、彼自身の強い意志も反映されています。

したがって、GACKTの本名は最終的に「大城ガクト」となり、現在もその名前で活動を続けています。

スポンサーリンク

大城ガクトとしての活動

GACKTが「大城ガクト」として活動を開始したのは、彼の芸名を正式に本名とした後のことです。この改名により、彼は新たな一歩を踏み出しました。

「大城ガクト」としての活動は、彼の音楽キャリアだけでなく、俳優や実業家としての側面も含まれます。彼は日本国内だけでなく、海外でも活躍しており、多言語を操る能力を生かして国際的なプロジェクトにも関与しています。

特に注目されたのが、彼の仮想通貨事業への参画です。彼は2017年に「SPINDLE」という仮想通貨プロジェクトに関与し、本名を公表したことでも話題となりました。仮想通貨の未来について熱心に語り、多くの人々にその可能性を訴えかけています。

また、彼は映画「翔んで埼玉」にも主演し、そのユニークな演技で注目を集めました。この映画は日本国内外で評価され、彼の俳優としての地位を確固たるものとしました。

さらに、GACKTは自身のインスタグラムやブログを通じて、ファンとの交流を大切にしています。特に、インスタグラムでは私生活の一部を公開し、親しみやすい一面を見せています。

このように、「大城ガクト」としてのGACKTは、多岐にわたる分野で活躍しており、その独自の魅力で多くのファンを魅了し続けています。

スポンサーリンク

GACKTの実家と出身地

GACKTの実家と出身地については、多くのファンが興味を持っています。

彼の出身地は沖縄県で、実家は沖縄の糸満市にあります。

沖縄は美しい自然と独自の文化が特徴であり、GACKTの音楽や芸術に影響を与えた背景とも言えます。

GACKTは幼少期を沖縄で過ごし、その後、両親の離婚を経て母方の祖母の養子となりました。

この家庭環境の変化が彼の人生に大きな影響を与え、彼のアイデンティティ形成にも関与したのです。

沖縄で育ったGACKTは、そこでの経験や文化が彼のパフォーマンスや音楽のスタイルに反映されています。

例えば、沖縄の伝統音楽や自然の風景は、彼の楽曲やミュージックビデオにも影響を与えています。

また、GACKTは自身の出身地を誇りに思い、沖縄の文化や風景を世界に紹介する活動も行っています。

これにより、沖縄出身のアーティストとしての誇りと、地域貢献の意識が強いことが分かります。

スポンサーリンク

岡部学から大城学への改名理由

GACKTが「岡部学」から「大城学」に改名した理由は、彼の家族の事情に起因します。

元々の本名は「岡部学」であり、これは彼の父親の姓を名乗っていたためです。

しかし、両親の離婚により、彼は母方の祖母の養子となり、姓が「大城」に変更されました。

この改名の背景には、家庭内の複雑な事情がありましたが、GACKT自身が望んだ変更でもありました。

「岡部」という姓よりも、「大城」という姓を名乗ることを選んだ理由は、母親側の家族との強い結びつきや、新たな人生をスタートさせるための決意があったからです。

また、「学」から「ガクト」への改名は、彼のアーティストとしてのアイデンティティを確立するためのものでした。

この名前変更により、彼は芸名と本名が一致する形となり、より一体感のあるキャリアを築くことができました。

GACKTは、この改名を通じて、アーティストとしての自分自身を再定義し、新しいステージへと進むことができたのです。

このように、彼の改名は単なる名前の変更にとどまらず、人生の転機を象徴する重要な出来事でした。

スポンサーリンク

滋賀県での学生時代のエピソード

GACKTは滋賀県で学生時代を過ごしました。

彼は滋賀県の進学校、県立守山高校に通い、そこで多くの経験を積みました。

彼が守山高校を選んだ理由は、中学生時代に憧れていた先輩が同校に進学したことからです。

これがきっかけとなり、猛勉強をして入学を果たしました。

高校ではサッカー部に所属していましたが、その一方で音楽への情熱も抱いていました。

特にドラムを始めたことが、後の音楽キャリアに大きな影響を与えました。

友人の家でグランドピアノに触れたことで、再びピアノにも興味を持ち始め、熱心に練習を続けたというエピソードもあります。

彼の音楽活動は高校時代に本格化し、京都学園大学に進学後も続けられました。

しかし、音楽活動に専念するために大学を中退し、22歳で東京に上京しました。

このように、滋賀県での学生時代はGACKTにとって非常に重要な時期であり、彼の音楽キャリアの基礎が築かれた場所でもあります。

スポンサーリンク

ファンが驚いたGACKTのエピソード

GACKTにはファンを驚かせるエピソードがいくつもありますが、その中でも特に注目されるものをご紹介します。

まず、彼が映画「翔んで埼玉」で披露したユニークな演技が話題となりました。

この映画では、高校生役として出演し、伊勢谷友介とのキスシーンも自ら提案しました。

このシーンについて、GACKTは「どうしても伊勢谷くんとチューしたかった」と語り、観客を驚かせました。

また、GACKTは自身の健康管理にも非常にストイックで、炭水化物を極力控えた食事をしています。

1日1回の食事で、専属シェフが調理する特製メニューを摂取しています。

さらに、彼は自宅にある道場で毎日厳しいトレーニングを行い、常に最高のコンディションを保っています。

ファンはGACKTの徹底した自己管理に驚きを隠せません。

最後に、GACKTのインスタグラムでは、彼の私生活が垣間見える投稿が多くありました。

特に2019年に公開された動画では、彼と友人たちがプールで裸ではしゃぐ様子が話題となり、多くのファンが驚きました。

これらのエピソードから、GACKTは常にファンを楽しませ、驚かせる存在であることがわかります。

スポンサーリンク

まとめ:GACKTの本名は岡部学?

GACKT

引用:GACKT(ガクト)オフィシャルウェブサイト(https://gackt.com/)

記事のポイントをまとめます。

  • GACKTの本名は「岡部学」から「大城ガクト」へと改名された
  • 改名の背景には両親の離婚と母方の祖母の養子となったことがある
  • 「大城ガクト」として音楽や仮想通貨事業など幅広く活動している

【関連記事】
GACKTと黒谷友香が共演したCMが話題に!たかの友梨ビューティクリニックCMの詳細解説
GACKTのMBTI(性格診断)から見る性格と適職、恋愛傾向を徹底解説!他の芸能人との比較も紹介
GACKTが所属していたバンド名の全リスト!Cain’s FeelからMALICE MIZERまでの詳細解説

スポンサーリンク
シェアする