推しの子

推しの子の原作や連載前の読み切りは存在しない!赤坂アカと横槍メンゴのタッグによる連載の全貌

推しの子
(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

「推しの子」は、赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏による魅力的なタッグ作品であり、その制作背景やストーリーに関する詳細を知りたい方にとって必見の情報をお届けします。

多くのファンが気になるこの作品の原作や連載前の読み切りの有無について、正確な情報を提供します。

ぜひ、最後までお読みいただき、「推しの子」の魅力をさらに深く理解してください。

【記事のポイント】

  • 「推しの子」に連載前の読み切り作品が存在しない理由
  • 赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏の作品制作の経緯
  • 「推しの子」の連載開始時の背景と準備
  • 赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏の関係性と共作の理由

推しの子の原作や連載前の読み切りについて

結論として、「推しの子」の原作や連載前の読み切り作品は存在しません。

この作品は、赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏のタッグによって、最初から連載形式でスタートしました。

理由として、赤坂アカ氏は読み切りではなく、連載に向けたプロットを元に「推しの子」を構築したからです。

また、横槍メンゴ氏も連載開始前からこの作品のストーリーに強い共感を示しており、連載形式でのスタートが決まった経緯があります。

具体例として、「推しの子」の連載開始にあたり、赤坂氏が横槍氏に作画のオファーをした際、「千年に一度のアイドルを描ける?」という挑戦的な問いかけをしました。

これに横槍氏が応じたことから、連載がスムーズに進んだのです。

また、「推しの子」の物語は、アイドル業界の裏側を描いたストーリーで、連載初期から多くの読者に支持されてきました。

このため、読み切り作品を経ることなく、直接連載に移行する形が適していたと考えられます。

これらの理由から、「推しの子」は読み切り作品を経ずに連載形式でスタートしました。

推しの子の作者

「推しの子」の作者は、赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏の二人です。

赤坂アカ氏は原作・原案を担当し、横槍メンゴ氏が作画を担当しています。

二人はボカロ(VOCALOID)界隈を通じて知り合い、約10年間の友人関係を築いてきました。

赤坂アカ氏は、「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」などの作品で知られ、横槍メンゴ氏は「クズの本懐」の作者としても有名です。

赤坂氏は、横槍氏の作風を理解しており、「推しの子」の内容も横槍氏のテンションが上がるように工夫されています。

例えば、アイの衝撃的な展開は、横槍氏を意識した結果であると語っています。

また、二人の関係は良好で、ディズニーランドに行ったり、旅行の計画を立てたりしています。

結婚については、ネット上で赤坂氏と横槍氏が結婚していたとの誤情報が出回りましたが、二人は結婚していません。

横槍氏は現在結婚しており、赤坂氏は一度結婚して離婚したことを公表しています。

このように、「推しの子」は赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏の共同作業によって生み出された作品であり、二人の長年の友情と信頼関係がその根底にあります。

赤坂アカと横槍メンゴの出会い

赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏の出会いは、ボカロ(VOCALOID)界隈がきっかけです。

彼らは漫画家としてのキャリアを積む前に、この音楽ジャンルを通じて知り合いました。

その後、10年ほど友人関係を続ける中で、互いに影響を与え合う関係となりました。

彼らの友情は、プロとしての協力関係にもつながります。

例えば、赤坂氏は横槍氏の作風や好みをよく理解しており、それを作品に反映させることで、共同作業がスムーズに進むように工夫しています。

このような背景から、「推しの子」の制作においても、お互いの強みを生かしながらプロジェクトを進めることができたのです。

彼らの出会いと長い友情は、「推しの子」の成功に大きく寄与しています。

横槍メンゴが選ばれた理由

横槍メンゴ氏が「推しの子」の作画担当として選ばれた理由には、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、赤坂アカ氏は横槍氏の作風に強い魅力を感じていました。

横槍氏が発表していた読み切り作品『かわいい』が、ジュニアアイドルの心の闇を描いており、その深いテーマが「推しの子」のアイディアと合致していたためです。

また、連載開始の2年ほど前に、赤坂氏は「推しの子」のプロットを横槍氏に見せたところ、横槍氏は「これめっちゃいいじゃん!」と強い共感を示しました。

さらに、タイミングも大きな要因です。

横槍氏が連載していた他の作品が終了した時期に、横槍氏の担当編集者が赤坂氏と同じサカイさんになったことで、「推しの子」の連載に向けた準備が整いました。

赤坂氏が横槍氏に作画のオファーをした際には、「千年に一度のアイドルを描ける?」と問いかけ、その挑戦的な依頼が横槍氏の興味を引きました。

このように、赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏の間には、作品に対する強い共感とタイミングの良さがありました。

これが、横槍氏が「推しの子」の作画担当に選ばれた理由です。

赤坂アカの代表作

赤坂アカ氏の代表作といえば、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』が挙げられます。

この作品は、高校の生徒会長と副会長がお互いに相手を惚れさせて、相手から告白させようとする姿を描いたラブコメディです。

『かぐや様』は、その独特なストーリーとキャラクターたちの魅力で、多くの読者を引きつけました。

また、この作品はアニメ化され、さらに実写映画化もされました。

実写映画では、元King & Princeの平野紫耀さんと橋本環奈さんが出演し、大ヒットを記録しました。

赤坂アカ氏の他の連載作品としては、電撃文庫のライトノベルをコミカライズした『さよならピアノソナタ』や、「電撃マオウ」で連載していた『ib インスタントバレット』があります。

これらの作品も、それぞれ独自の世界観と魅力的なキャラクターたちによって、読者から高い評価を受けています。

横槍メンゴの代表作

横槍メンゴ氏の代表作には、『クズの本懐』があります。

この作品は、秘密を抱えた高校生カップルをテーマにした物語で、その複雑な人間関係と心理描写が話題を呼びました。

『クズの本懐』は、2017年にアニメ化および実写ドラマ化され、広く知られるようになりました。

さらに、横槍氏は『エルフェンリート』や『極黒のブリュンヒルデ』の作者・岡本倫氏が原作を務める『君は淫らな僕の女王』の作画を担当しました。

この作品は、自制心を失くしたヒロインによる過激な描写が話題となり、読者の間で大きな反響を呼びました。

その他の横槍メンゴ氏の連載作品には、『はるわか』『めがはーと』『レトルトパウチ!』があります。

これらの作品も、それぞれ独自のテーマと描写で、多くの読者から支持されています。

作者たちの結婚と離婚の噂

赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏に関して、結婚や離婚の噂がネット上で流れることがあります。

この噂は間違いで、実際には二人が結婚していた事実はありません。

ただし、横槍メンゴ氏は現在結婚しており、赤坂アカ氏は一度結婚して離婚したことを公表しています。

噂が広がった背景には、二人の親しい関係があるかもしれません。

長年の友人である二人は、『【推しの子】』の連載開始前から互いの作品を評価し合い、協力してきました。

そのため、読者の間で誤解が生じたのでしょう。

しかし、正確な情報を確認することが重要です。

公式発表に基づいて、正しい事実を知るようにしましょう。

読者へのメッセージと今後の展開

赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏は、読者への感謝と期待のメッセージをたびたび発信しています。

赤坂アカ氏は、舞台編の続きとその後のサスペンスパートについて言及しています。

彼は、物語が前に進むことを楽しみにしていると述べ、特にルビーの活躍に期待しているようです。

また、ファンのフィードバックを大切にし、面白いと思うものを描き続けることを約束しています。

横槍メンゴ氏も、舞台編の作画に全力を尽くしており、読者の応援に感謝しています。

彼女は、今後の展開でさらにパワーアップしたサスペンスが待っていることを予告しています。

二人の作品に対する情熱と努力は、読者にとって大きな期待となっています。

これからの『【推しの子】』の展開にも、引き続き注目していきましょう。

推しの子のあらすじ

『推しの子』は、産婦人科医のゴローが主人公です。

ゴローは、アイドルグループ「B小町」のアイの熱心なファンで、アイが妊娠したことを知り、彼女をサポートすることを決意します。

アイの双子の赤ちゃんとして転生したゴローは、アクアとしてアイドル業界の裏側でさまざまな試練に立ち向かいます。

一方、もう一人の双子であるルビーは、アイドルを目指し、母アイの夢を引き継ぎます。

ストーリーは、ゴローとルビーがそれぞれの夢を追いながら、芸能界の裏側に潜む闇と向き合う姿を描いています。

また、彼らは母アイの死の真相を探るため、真実に迫る冒険にも挑戦します。

この作品は、アイドル業界の華やかさと裏側の厳しさをリアルに描き出しています。

【推しの子】のタイトルの意味

『【推しの子】』のタイトルには、二重の意味が込められています。

まず、「推しの子」とは、好きなアイドルを推すという意味です。

これは、主人公のゴローがアイドル「B小町」のアイを熱心に応援する姿勢を表しています。

もう一つの意味は、「推しているアイドルの子ども」ということです。

ゴローがアイの子どもとして転生するというストーリー設定が、このタイトルに反映されています。

タイトルの【】には特別な意味があり、作中で重要な演出として使われる予定です。

タイトルが持つ二重の意味は、物語の奥深さと巧妙さを象徴しており、読者に対して強い印象を与えます。

まとめ:推しの子の原作や連載前の読み切りについて

(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

記事のポイントをまとめます。

  • 「推しの子」は連載前の読み切り作品が存在しない
  • 作品は赤坂アカ氏と横槍メンゴ氏によるタッグで最初から連載形式でスタート
  • 赤坂アカ氏は読み切りではなく、連載に向けたプロットを元に「推しの子」を構築
  • 横槍メンゴ氏も連載開始前から作品のストーリーに強く共感していた
  • 赤坂氏が横槍氏に作画のオファーをした際、「千年に一度のアイドルを描ける?」と挑戦的な問いかけをした
  • 物語はアイドル業界の裏側を描いたストーリーで連載初期から多くの読者に支持された
  • 読み切り作品を経ることなく、直接連載に移行する形が適していた
  • 横槍氏はジュニアアイドルの心の闇を描いた作品に共感し、「推しの子」のテーマと一致した
  • 赤坂氏と横槍氏の間には作品に対する強い共感とタイミングの良さがあった
  • 「推しの子」は二人の友情と信頼関係がその根底にある

【関連記事】
推しの子の炎上:推しの子と木村花さんの事件はどっちが先?関係性とその後の展開を徹底解説
推しの子は小学生向け?子供でも見れる?大人向けの内容や注意すべきシーンについて徹底解説
アニメ「推しの子」初回放送の第一話が90分と長い理由とは?物語のプロローグを徹底解説
推しの子のリョースケが嫌いと言われる理由とその背景を徹底解説
推しの子のエンディングが下手と感じる理由と視聴者の反応