麻雀

麻雀ZOOの深夜営業の実態とは?営業時間、セット料金、予約方法、注意点を徹底解説!

麻雀ZOOの深夜営業の実態とは?営業時間、セット料金、予約方法、注意点を徹底解説! 麻雀

深夜に麻雀を楽しみたいと思ったことはありませんか?

麻雀ZOOは、首都圏を中心に多くの店舗を展開しており、深夜営業を行っている店舗もあります。

しかし、全ての店舗が24時間営業しているわけではなく、営業時間は店舗によって異なります。

この記事では、麻雀ZOOの深夜営業に関する詳細な情報をお伝えします。

営業時間やセット料金、予約方法、そして深夜営業のリスクや注意点について詳しく解説します。

新宿や渋谷のような繁華街の店舗情報もご紹介。

深夜に麻雀を楽しむ際に役立つ情報が満載ですので、ぜひ参考にしてください。

麻雀ZOOで深夜の麻雀を安全に楽しむためのヒントが見つかることでしょう。

【記事のポイント】

  • 麻雀ZOOの深夜営業店舗の有無と営業時間
  • 深夜に利用できる麻雀ZOOの店舗とセット料金
  • 麻雀ZOOの予約手順と注意点
  • 深夜営業のリスクと安全に麻雀を楽しむための心得

麻雀ZOOは深夜も営業してる?

麻雀ZOOは深夜も営業しているかどうかについて、多くの方が疑問に思うことでしょう。

結論として、麻雀ZOOは店舗によって深夜まで営業しているところがありますが、全ての店舗が24時間営業しているわけではありません。

深夜営業を行っている店舗もあれば、夜中に閉店する店舗もあります。

その理由は、法律や店舗の方針によるものです。

例えば、風俗営業法により、雀荘は通常深夜0時までしか営業できません。

ただし、実際には一部の店舗で深夜営業が行われていることもあります。

これには、都市部の需要や店舗の立地条件が影響しています。

例えば、新宿や渋谷のような繁華街では、深夜も多くの人が訪れるため、深夜営業を行う店舗が多いです。

一方、住宅街にある店舗では、周囲の環境を考慮して深夜営業を控える場合もあります。

また、深夜営業を行う店舗では、事前に予約が必要な場合もあります。

このため、深夜に麻雀を楽しみたい場合は、事前に店舗に問い合わせて営業時間を確認することをおすすめします。

麻雀ZOOの営業時間

麻雀ZOOの営業時間については、各店舗によって異なるため、事前に確認することが重要です。

一般的に麻雀ZOOの営業時間は、午前中から深夜までとなっていますが、具体的な開店時間や閉店時間は店舗によって異なります。

例えば、新宿や渋谷の店舗では、朝10時から深夜0時まで営業しているところが多いです。

一方、町田や吉祥寺の店舗では、朝11時から夜23時までの営業が一般的です。

これらの営業時間は、風俗営業法に基づいて設定されていますが、一部の店舗では法的な規制を超えて営業していることもあります。

この場合、店舗は表向きには閉店しているように見せかけ、実際には営業を続けていることがあります。

ただし、これにはリスクも伴いますので、事前に確認することが重要です。

営業時間の確認方法としては、店舗の公式ウェブサイトや電話での問い合わせが最も確実です。

また、最近ではSNSや口コミサイトでも営業時間の情報を提供していることが多いので、そちらも参考にすると良いでしょう。

さらに、深夜営業を行っている場合でも、特定の日やイベント期間中は営業時間が変更されることがあります。

このため、特に初めて訪れる場合や特定の日に利用したい場合は、事前に確認しておくことを強くおすすめします。

麻雀ZOOは、多くの人にとって便利で楽しい場所ですが、営業時間を確認してから訪れることで、より快適に利用することができます。

麻雀ZOOのセット料金

麻雀ZOOのセット料金について詳しく説明します。

セット料金とは、友人や知人と一緒に麻雀を楽しむための料金です。

麻雀ZOOでは、平日と週末で料金が異なる場合が多いです。

まず、平日の一般セット料金は1卓1時間あたり1,320円です。

週末になると、料金は1,760円に上がります。

この差は週末の需要が高いためです。

学生向けの料金も設定されています。

平日の学生セット料金は1卓1時間あたり660円、休日は880円です。

学生向けの打ち放題プランもあり、平日限定で3,000円で1日中麻雀を楽しめます。

シルバー向けの料金もあり、60歳以上の方が1人でもいれば、平日は1卓1時間880円、週末は1,320円で利用できます。

これらの料金は店舗や時期によって変更されることがあります。

そのため、訪れる前に公式サイトや電話で確認することをおすすめします。

麻雀ZOOでは、各種割引プランも提供しており、安価に麻雀を楽しむことができます。

麻雀ZOOの店舗一覧

麻雀ZOOは首都圏を中心に複数の店舗を展開しています。

各店舗の所在地とアクセス方法を紹介します。

まず、新宿には複数の店舗があります。

例えば、ZOO 新宿店は新宿3-34-3に位置し、アクセスが便利です。

また、ZOO 新宿靖国通り店は歌舞伎町1-16-2にあります。

次に、渋谷エリアの店舗です。

ZOO 渋谷店は渋谷道玄坂にあり、若者に人気のスポットです。

さらに、町田にも店舗があります。

ZOO 町田店は町田市原町田4-1-7に位置し、駅から徒歩2分という便利な立地です。

他にも、吉祥寺にはZOO 吉祥寺店があります。

この店舗は広々とした空間が特徴で、リニューアルオープンして快適に利用できます。

各店舗は、それぞれのエリアに根ざしたサービスを提供しており、アクセスも良好です。

営業時間やセット料金は店舗ごとに異なるため、事前に確認してから訪れることをおすすめします。

麻雀ZOOの各店舗は、それぞれの特色を生かしており、訪れる価値があります。

麻雀ZOOの予約の手順

麻雀ZOOの予約の手順は簡単で、初めての方でもスムーズに行えます。

まず、予約の方法には電話予約とオンライン予約の2つがあります。

電話予約の場合、各店舗の電話番号に直接連絡します。

電話番号は麻雀ZOOの公式ウェブサイトや各店舗の情報ページに掲載されています。

電話をかける際には、希望する日時と人数を伝えましょう。

予約が確定すると、店舗から予約確認の連絡が入ります。

次に、オンライン予約の手順です。

麻雀ZOOの公式ウェブサイトには、オンライン予約フォームがあります。

このフォームに必要な情報を入力し、送信します。

必要な情報としては、名前、連絡先、希望する日時と人数があります。

送信後、予約確認のメールが届きます。

オンライン予約は24時間いつでも可能なので、忙しい方にも便利です。

また、予約が満席の場合も、キャンセル待ちができる店舗もありますので、確認してみましょう。

予約手続きが完了したら、当日は時間通りに店舗に到着するようにしましょう。

予約時間に遅れると、他のお客様に迷惑がかかることもあるため、時間厳守を心がけてください。

初心者向けの麻雀ZOO利用ガイド

初心者が麻雀ZOOを利用する際のガイドを紹介します。

まず、麻雀ZOOは初心者にも優しい環境が整っています。

スタッフが親切に対応してくれるので、初めての方でも安心して利用できます。

初めに、基本的なルールとマナーを学んでおきましょう。

麻雀ZOOの公式サイトや店内にルール説明が掲載されていることが多いので、それを参考にすると良いです。

次に、初心者向けのセット料金を活用しましょう。

学生料金や平日の割引料金など、お得なプランがあります。

特に、初心者向けのプランでは、リーズナブルな価格で長時間プレイできるものもあります。

さらに、麻雀ZOOでは初心者向けのイベントや講習会が開催されることがあります。

これに参加することで、ルールを学びながら実践する機会を得ることができます。

初めての来店時には、スタッフに初心者であることを伝えると、ルールの説明やアドバイスをもらえることが多いです。

また、初心者が集まりやすい時間帯を狙うと、同じようなレベルの人と一緒にプレイでき、安心感があります。

最後に、緊張せずに楽しむことが大切です。

麻雀はリラックスして楽しむゲームですので、最初は気軽にプレイしましょう。

このようにして、麻雀ZOOを活用することで、初心者でも楽しく麻雀を学ぶことができます。

深夜営業の雀荘を探す方法

深夜営業の雀荘を探す方法を紹介します。

まず、インターネットを利用するのが最も簡単で効率的です。

検索エンジンで「深夜営業 雀荘」や「24時間 雀荘」と検索すると、該当する店舗が一覧で表示されます。

次に、麻雀専門の情報サイトや掲示板を利用する方法があります。

これらのサイトでは、各地域の雀荘情報が詳しく掲載されており、深夜営業の有無も確認できます。

さらに、SNSや口コミサイトも有用です。

TwitterやFacebookで「深夜営業 雀荘」と検索すると、実際に利用した人のレビューや最新の営業情報が見つかることがあります。

口コミサイトでは、利用者の評価やコメントも参考になります。

また、直接店舗に電話で問い合わせる方法も有効です。

電話で営業時間を確認することで、確実な情報を得ることができます。

特に、公式ウェブサイトに詳しい情報がない場合は、電話確認が推奨されます。

最後に、麻雀仲間や知人に聞いてみるのも一つの手です。

経験者の話を聞くことで、信頼性の高い情報を得ることができるでしょう。

以上の方法を組み合わせることで、深夜営業の雀荘を効率的に探すことができます。

東京で24時間営業の雀荘紹介

東京で24時間営業している雀荘を紹介します。

まず、代表的な店舗として「麻雀天国」があります。

この店舗は新宿区歌舞伎町に位置し、18:00からラストまで営業しています。

次に、「ZOO 新宿店」は、新宿3-34-3にあり、営業時間はオープンからラストまでとなっています。

同じく新宿の「ZOO 新宿靖国通り店」も24時間営業を行っています。

また、「ZOO 新宿西口店」と「ZOO 新宿西口禁煙店」は、代々木2-10-1にあり、こちらもオープンからラストまで営業しています。

他には、「麻雀 e-jong」や「麻雀 マッキー」も24時間営業を行っており、歌舞伎町1-22-8と歌舞伎町1-17-13にそれぞれ位置しています。

「ま~じゃん パーク 新宿店」も、新宿3-23-2で24時間営業しており、アクセスが便利です。

さらに、「新宿 だんでぃ」や「だんでぃさん」も歌舞伎町にあり、24時間営業を行っています。

これらの店舗は、深夜や早朝でも麻雀を楽しむことができるため、時間を気にせずプレイしたい方に最適です。

24時間営業の雀荘は、多忙な人々や深夜に麻雀を楽しみたい人々にとって非常に便利です。

訪れる前に、公式ウェブサイトや電話で最新の営業時間を確認することをおすすめします。

このように、東京には24時間営業の雀荘が多数あり、様々なニーズに対応しています。

深夜営業の雀荘と通報リスク

深夜営業の雀荘には、通報リスクが伴います。

まず、深夜営業が法律で制限されていることを理解しておくことが重要です。

風俗営業法により、雀荘は通常、深夜0時までの営業が義務付けられています。

これを超えて営業することは法律違反となる可能性があります。

そのため、一部の雀荘は営業時間を表向きには守りながら、実際には深夜営業を続けていることがあります。

このような場合、通報されるリスクが高まります。

通報されると、店舗は行政からの指導や罰則を受ける可能性があります。

結果として、営業停止や罰金が科されることもあります。

利用者にとっても、警察が介入することでプレイが中断されるリスクがあります。

また、深夜営業の雀荘は、トラブルが発生しやすい環境です。

酔客や不正行為など、深夜特有の問題が増えるため、警察に通報されやすくなります。

このため、深夜に雀荘を利用する際は、事前に営業時間を確認し、法律を遵守している店舗を選ぶことが重要です。

リスクを避けるためにも、公式に認められた時間内で麻雀を楽しむことをおすすめします。

深夜の麻雀を安全に楽しむための心得

深夜に麻雀を楽しむためには、安全にプレイするための心得が必要です。

まず、信頼できる店舗を選ぶことが最も重要です。

評判の良い雀荘を選ぶことで、安全性が確保されます。

次に、店舗のルールやマナーを守ることが大切です。

特に、騒音や過度な飲酒はトラブルの原因となるため、注意が必要です。

さらに、身体的な疲労にも注意を払いましょう。

深夜に長時間プレイすると、集中力が低下し、ミスやケガの原因になります。

適度な休憩を取り、無理のない範囲で楽しむことが大切です。

また、貴重品の管理にも気を付けましょう。

深夜は犯罪のリスクが高まるため、財布やスマートフォンなどの貴重品はしっかりと管理してください。

もう一つ重要なのは、交通手段の確保です。

終電がない場合でも、安全に帰宅できる手段を事前に考えておきましょう。

タクシーや代行サービスを利用するのも一つの方法です。

最後に、周囲の人々への配慮も忘れないようにしましょう。

深夜のプレイは騒音や迷惑行為になりやすいため、常に他の利用者や近隣の住民に配慮した行動を心がけることが重要です。

これらの心得を守ることで、深夜でも安全に麻雀を楽しむことができます。

まとめ

麻雀ZOOの深夜営業の実態とは?営業時間、セット料金、予約方法、注意点を徹底解説!

記事のポイントをまとめます。

  • 麻雀ZOOは店舗によって深夜営業している場合がある
  • 全ての麻雀ZOO店舗が24時間営業しているわけではない
  • 深夜営業を行う店舗もあれば、夜中に閉店する店舗もある
  • 深夜営業の有無は法律や店舗の方針による
  • 新宿や渋谷の繁華街では深夜営業が多い
  • 住宅街の店舗では深夜営業を控える場合がある
  • 深夜営業を行う店舗では事前に予約が必要な場合がある
  • 麻雀ZOOの営業時間は各店舗によって異なる
  • 営業時間の確認は公式サイトや電話が確実である
  • 深夜営業を行っている場合でも特定の日に変更されることがある
  • 麻雀ZOOのセット料金は平日と週末で異なる
  • 学生やシルバー向けの割引プランもある

【関連記事】
麻雀で1と9があると上がれない理由と対策を徹底解説!役の作り方から鳴き方のコツまで紹介