スシロー

スシローのいくらは偽物?本物?その真相を徹底解説!

スシロー
スシロー 公式
スポンサーリンク

スシローのいくらは偽物なのか、それとも本物なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

回転寿司チェーンの中でも人気のスシローですが、いくらの品質について疑問を持つ人も少なくありません。

この記事では、スシローのいくらが本物か偽物かについて詳しく解説します。

さらに、スシローのいくらの産地や製造方法、価格設定の理由などについても触れていきます。

スシローのいくらの真実を知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

【記事のポイント】

  • スシローのいくらは本物である
  • スシローのいくらの製造方法と使用される材料
  • スシローのいくらの産地とその特性
  • スシローのいくらの価格設定の理由
スポンサーリンク

スシローのいくらは偽物?本物?

スシローのいくらが本物か偽物か気になる方も多いでしょう。

結論として、スシローのいくらは本物です。

ただし、これは本来の製造方法とは異なる手法で作られたものが含まれています。

これにはいくつかの理由があります。

まず、スシローで提供されるいくらは、鮭の卵を塩漬けにした「塩イクラ」だけでなく、調味液に浸した「醤油イクラ」も使用されています。

この醤油イクラは、塩水の代わりに白醤油をベースにした調味液を使用して作られており、冷凍魚卵でも製造可能です。

これにより、コストを抑えつつ安定した供給が可能になります。

さらに、スシローでは鱒(カラフトマス)の卵を使った「マスイクラ」も使用しています。

このマスイクラは、通常のいくらよりも小粒ですが、価格が安いというメリットがあります。

そのため、スシローのいくらが偽物というわけではなく、異なる製造方法や材料を用いているため、味や食感が若干異なることがあります。

まとめると、スシローのいくらは本物の魚卵を使用しているものの、製造方法や材料が異なるため、味に違いを感じることがあるということです。

スポンサーリンク

スシローのいくらの値段

スシローのいくらの値段についてご紹介します。

スシローのいくらは、他の回転寿司チェーンと比較しても価格設定が特徴的です。

まず、スシローのいくらは1皿あたり150円(税込165円)で提供されています。

これは、他の多くの回転寿司チェーンが1皿100円で提供しているのに対して、やや高めの設定です。

この価格設定にはいくつかの理由があります。

一つは、スシローが提供するいくらの品質に対するこだわりです。

スシローは、鮮度の高い魚卵を使用し、適切な調味を施しています。

また、仕入れコストの上昇や漁獲量の減少など、外部要因も影響しています。

さらに、スシローは定期的に「いくら祭り」や「キャンペーン」を実施し、特別価格で提供することがあります。

例えば、通常価格よりも安く販売するキャンペーンを行うことで、顧客にお得感を提供しています。

このように、スシローのいくらの値段は品質や外部要因、キャンペーンなど様々な要素によって決定されています。

価格が高めに感じるかもしれませんが、その分品質にもこだわっているため、一度試してみる価値があります。

スポンサーリンク

スシローのいくらの産地

スシローのいくらの産地について説明します。

スシローで提供されるいくらの多くは、カラフトマスやシロザケから採取されています。

特にカラフトマスのいくらは、価格が比較的安価で、手頃な値段で提供するために多く使用されています。

産地としては、日本国内の北海道や東北地方のほか、アラスカやロシアなどが主要な供給源となっています。

北海道や東北地方では、川に遡上してきた鮭からいくらを採取し、新鮮な状態で加工します。

一方、アラスカやロシアから輸入されるいくらは、現地で加工され、冷凍された状態で日本に輸送されます。

スシローでは、これらの地域から供給されるいくらを適切に管理し、新鮮な状態で提供しています。

このように、スシローのいくらは国内外の複数の産地から供給されており、それぞれの地域の特性を活かした方法で加工されています。

これにより、安定した品質のいくらをお客様に届けることができるのです。

スポンサーリンク

スシローのいくらが小さい理由

スシローのいくらが小さい理由について解説します。

まず、スシローで提供されるいくらの多くは、カラフトマスの卵を使用しています。

カラフトマスのいくらは、シロザケのいくらよりも粒が小さいのが特徴です。

このため、スシローのいくらが小さく感じられるのです。

もう一つの理由として、コストの抑制があります。

カラフトマスのいくらは、シロザケのいくらに比べて価格が安いため、回転寿司のようなリーズナブルな価格で提供する店にとっては非常に重要です。

小さめのいくらを使用することで、コストを抑えつつ、安定していくらを提供することが可能になります。

さらに、小粒のいくらは食感が異なり、これを好むお客様もいます。

小粒のいくらは、口の中で一粒一粒がはじける感覚が楽しめるため、好きな人にはたまらない魅力があります。

このように、スシローのいくらが小さい理由は、使用する魚種の違いやコストの抑制、そして食感の好みなど、様々な要因が関係しています。

これにより、スシローでは安定して手頃な価格のいくらを提供できるのです。

スポンサーリンク

スシロー以外の回転寿司のいくら事情

スシロー以外の回転寿司チェーンでも、いくらは人気のネタです。

例えば、はま寿司やくら寿司、かっぱ寿司などの大手チェーンもいくらを提供しています。

それぞれのチェーンには独自の特徴があります。

はま寿司では、いくらは一貫ずつ提供されることが多く、質にこだわったいくらを使っています。

そのため、味の濃さや風味が際立ち、スシローに匹敵する品質を保っています。

くら寿司は、価格設定に工夫があります。

いくらを110円という低価格で提供することで、コストパフォーマンスを重視しているのが特徴です。

また、くら寿司のいくらは、味付けがしっかりしているため、手軽に楽しめる一方で、質に対する評価も高いです。

かっぱ寿司も、いくらに関しては品質にこだわりがあります。

特にキャンペーン期間中には、特別な仕入れを行い、高品質ないくらを提供することが多いです。

これにより、普段よりも贅沢ないくらを楽しむことができます。

このように、スシロー以外の回転寿司チェーンでも、いくらには各社それぞれの工夫や特徴があり、どのチェーンでも美味しいいくらを楽しむことができます。

スポンサーリンク

回転寿司のいくらの正体

回転寿司で提供されるいくらの正体について解説します。

回転寿司のいくらは、一般的には鮭の卵を使用したものです。

ただし、種類や製造方法に違いがあります。

まず、回転寿司のいくらには、シロザケの卵を使った「塩イクラ」と「醤油イクラ」があります。

塩イクラは、塩水で漬け込む伝統的な方法で作られ、鮭の自然な味わいが楽しめます。

一方、醤油イクラは、醤油ベースの調味液で漬け込むため、より濃厚な味わいが特徴です。

これにより、回転寿司で提供されるいくらは、味付けのバリエーションが豊富で、消費者の好みに合わせた選択肢が増えています。

また、最近では「マスイクラ」も一般的です。

カラフトマスの卵を使用したもので、通常のいくらよりも粒が小さく、価格が安いのが特徴です。

そのため、コストを抑えつつ、美味しいいくらを提供できるようになっています。

さらに、一部の回転寿司店では、人工いくらも使用されています。

人工いくらは、植物由来の材料で作られ、見た目や食感が本物に近いものです。

価格が安いため、手軽に楽しむことができますが、本物のいくらとは風味や食感が異なります。

このように、回転寿司のいくらの正体は、多様な製造方法や材料を用いることで、様々な味わいや価格帯に対応しています。

これにより、消費者は自分の好みや予算に合わせて、いくらを楽しむことができるのです。

スポンサーリンク

回転寿司でいくらが100円の理由

回転寿司でいくらが100円で提供される理由について説明します。

まず、コスト削減の工夫が大きな要因です。

回転寿司チェーンでは、大量に仕入れることで、単価を抑えています。

大量仕入れにより、一般の小売価格よりも安価にいくらを調達することが可能です。

次に、製造方法の工夫もあります。

多くの回転寿司店では、従来の塩漬けではなく、醤油漬けのいくらを使用しています。

醤油漬けのいくらは、冷凍魚卵でも加工できるため、安価な原材料を使用することができます。

さらに、カラフトマスの卵を使った「マスイクラ」を採用することも、コスト削減につながります。

マスイクラはシロザケのいくらに比べて粒が小さく、価格も安いです。

これにより、回転寿司店は低価格でいくらを提供することができます。

また、キャンペーンや特売を行うことで、顧客に対するお得感を演出し、集客を図っています。

こうしたキャンペーンでは、いくらを特別価格で提供し、多くの人に試してもらうことで、リピーターを増やす狙いがあります。

このように、回転寿司でいくらが100円で提供されるのは、仕入れや製造方法、キャンペーンの工夫によるものです。

これにより、消費者は手頃な価格でいくらを楽しむことができるのです。

スポンサーリンク

人工いくらの見分け方

人工いくらの見分け方について解説します。

まず、見た目の違いがあります。

人工いくらは、天然のいくらに比べて均一な大きさと色を持っています。

粒の大きさが揃っていて、色も一様に鮮やかなオレンジ色をしていることが多いです。

次に、触感の違いも重要なポイントです。

天然のいくらは、外皮が柔らかく、噛むとプチプチとした食感があります。

一方、人工いくらは外皮がやや硬く、噛んだときに弾力を感じることがあります。

また、人工いくらは内部にアルギン酸を使用しているため、噛んだときにやや固い感触が残ることが特徴です。

さらに、味の違いも見分けるポイントです。

天然のいくらは、海の風味が強く、濃厚な旨味があります。

一方、人工いくらは調味料で味をつけているため、風味がやや人工的に感じられることがあります。

最後に、熱を加えることで見分ける方法もあります。

天然のいくらは、加熱すると外皮が縮んで白く濁ることがあります。

一方、人工いくらは加熱しても外見が変わりにくく、そのままの色を保つことが多いです。

このように、人工いくらは見た目、触感、味、加熱による変化などで見分けることができます。

これらのポイントを押さえて、天然のいくらと人工いくらを区別するようにしましょう。

スポンサーリンク

いくらを楽しむためのポイントと注意点

いくらを楽しむためには、いくつかのポイントと注意点があります。

まず、新鮮なものを選ぶことが重要です。

鮮度が高いいくらは、外皮が透明で光沢があります。

また、手に取ったときにしっかりとした弾力があり、割れにくいのが特徴です。

次に、保存方法に注意することが必要です。

いくらは温度変化に弱いため、冷蔵保存が基本です。

冷凍保存も可能ですが、解凍時には冷蔵庫でゆっくり解凍することで、品質を保つことができます。

食べる前に、いくらを軽く水洗いすることで、余分な塩分や調味料を取り除くことができます。

これにより、本来の味わいを楽しむことができます。

また、いくらは他の食材と組み合わせて食べると、一層美味しくなります。

例えば、ご飯の上に乗せていくら丼にする、クラッカーやパンに乗せてカナッペにするなど、様々なアレンジが可能です。

ただし、いくらには高い塩分が含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。

適量を守り、バランスの取れた食事を心がけましょう。

いくらを楽しむためのポイントは、新鮮なものを選び、適切に保存し、他の食材と組み合わせることです。

また、塩分摂取量に注意し、適量を楽しむことが大切です。

これらのポイントを押さえて、いくらの美味しさを存分に楽しんでください。

スポンサーリンク

まとめ

スシロー 公式

記事のポイントをまとめます。

  • スシローのいくらは本物である
  • 醤油イクラと塩イクラの2種類がある
  • 醤油イクラは白醤油ベースの調味液を使用している
  • 醤油イクラは冷凍魚卵でも製造可能
  • スシローではカラフトマスの卵も使用している
  • カラフトマスのいくらは通常より小粒である
  • カラフトマスのいくらは価格が安い
  • スシローのいくらは手頃な価格で提供されている
  • スシローのいくらは国内外の複数の産地から供給されている
  • 製造方法や材料の違いで味に違いがある

【関連記事】
500円食べ放題はスシローにある?実際のサービスと他店比較