進撃の巨人

進撃の巨人のアニメは何話ある?全話数と驚愕の総再生時間!

進撃の巨人のアニメは何話ある?全話数と驚愕の総再生時間! 進撃の巨人

進撃の巨人』アニメファンの皆さん、気になるシリーズ全話数はご存知ですか?この壮大な物語が、いったい全何話から成り立っているのでしょうか。今回は、その答えを明らかにしましょう。

驚くべきは、『進撃の巨人』のアニメが約60時間にも及ぶ長さを誇っていることです。第1期からThe Final Seasonまで、どのシーズンが何話あるのか、そしてそれぞれのシーズンがどのような展開を見せるのか、詳細にわたって掘り下げていきます。

さらに、アニメ版が原作漫画のどこまでを描いているのか、そしてコロナ禍での放送延期の背景にはどのような事情があったのかも紐解いていきます。『進撃の巨人』のアニメに隠された、知られざるストーリーを一緒に探ってみませんか?

進撃の巨人のアニメは全何話?

進撃の巨人のアニメは全何話?

アニメ『進撃の巨人』は、総計90話からなる作品です。これには、2013年に始まったSeason 1からSeason 3、そしてThe Final Seasonが含まれています。最終章として「The Final Season 完結編(前編)」が2023年3月に放送され、その後編が2023年11月に放送される予定です​​。

進撃の巨人3期は全何話?

『進撃の巨人』の第3期は全22話から構成されています。第3期は、2018年7月から10月にかけて「Season 3 Part 1」として第38話から第49話までの12話が放送され、その後2019年4月から7月にかけて「Season 3 Part 2」として第50話から第59話までの10話が放送されました。このシーズンでは、物語はより深く複雑に展開し、主要な登場人物たちの過去と現在が絡み合うドラマチックなストーリーラインが繰り広げられています。​​

進撃の巨人完結編(前編)は全何話?

『進撃の巨人』の「完結編(前編)」は全7話からなります。このパートは、テレビアニメ「進撃の巨人」The Final Seasonの一部として2023年3月に放送されました。完結編(前編)では、シリーズのクライマックスに向けて物語が加速し、主要キャラクターたちが直面する新たな展開や衝撃的な事実が明らかになります。この7話には、長年のファンにとって待望の瞬間や重要な転換点が含まれており、エレン・イェーガーの物語がいよいよ終局に向かっていく様子が描かれています。

進撃の巨人ファイナルシーズンは全何話?

『進撃の巨人』The Final Seasonは、合計で28話です。このシーズンは、最初の16話が「The Final Season Part 1」として2020年12月から2021年3月にかけて放送され、残りの12話が「The Final Season Part 2」として2022年1月から4月にかけて放送されました。これらのエピソードは、物語の緊迫した結末に向けて展開され、シリーズの重要な謎が解き明かされるとともに、主要キャラクターたちの運命が決定されます。

進撃の巨人のアニメ最終回はいつ?

アニメ『進撃の巨人』の最終回の放送日については、現在利用可能な情報をもとに確認することができませんでした。ただし、アニメは「The Final Season」の完結編(後編)として続いており、これがシリーズの最終章を形成しています。完結編の放送日時やエピソード数に関しては、制作会社や公式のアナウンスをチェックすることをお勧めします。また、アニメの公式サイトや公式SNSアカウントも最新情報の確認に役立つでしょう。

進撃の巨人のアニメは全部で何時間?

『進撃の巨人』のアニメシリーズは、全体で約60時間の長さです。この計算は、全90話(Season 1〜The Final Seasonを含む)がそれぞれ平均約20分の放送時間であることに基づいています。この時間は、各エピソードの冒頭とエンドのタイトルシークエンスやCMの時間を含めた総放送時間です。

『進撃の巨人』は、2013年にSeason 1が放送開始されてから、数年にわたり多くのファンを魅了し続けてきました。物語の各章は、独自の物語展開と緊張感溢れるシーンで構成されており、ファンは一話ごとに新たな発見やサプライズを楽しむことができました。

この長時間にわたるエピソードは、エレン・イェーガーと彼の仲間たちの壮大な旅を描いており、視聴者に深い感動と共感を与える内容となっています。さらに、アニメは原作漫画のストーリーラインに忠実でありながらも、オリジナルのアニメーションや演出で物語の世界を豊かに表現しています。

進撃の巨人は漫画の何話までアニメ化されている?

進撃の巨人は漫画の何話までアニメ化されている?

『進撃の巨人』アニメは、原作漫画の「第139話」までをカバーしています。原作漫画は全34巻、139話で完結しており、アニメ版もこのストーリーを忠実に追従しています。アニメは2013年に第1期が放送開始され、その後数年にわたって、Season 2、Season 3、そしてThe Final Seasonと続きました。

アニメ版は、原作の諫山創による緻密なストーリーテリングをビジュアルとアニメーションの形で再現しています。各エピソードでは、原作の重要なプロットポイント、キャラクターの発展、そして戦いのシーンが忠実に描かれています。また、原作の独特な世界観や緊迫感溢れる展開も、アニメの映像と音響効果を通じて鮮明に表現されています。

『進撃の巨人』のアニメ化は、漫画の全体的なストーリーラインを見事に映像化し、原作のファンだけでなく新たな視聴者にもその魅力を伝えることに成功しました。

進撃の巨人のアニメが放送延期したのはなぜ?

『進撃の巨人』アニメの放送延期は、主に新型コロナウイルスのパンデミックが原因でした。このパンデミックは、世界中の多くの産業に影響を与え、アニメ制作業界も例外ではありませんでした。制作スタジオでは、スタッフの健康と安全を最優先に考慮し、作業環境を調整する必要がありました。これにより、アニメーションの制作プロセスが遅延し、予定されていた放送日程に影響が出たのです。

また、『進撃の巨人』のような大規模なプロジェクトにおいては、アニメーションの品質を保つために多くの時間とリソースが必要です。新型コロナウイルスによる作業環境の変更は、制作チームが必要な作業を完了するための時間を延長させることになりました。

このような状況下で、制作会社はファンに対して品質を維持しながら安全に作業を進めるため、放送延期の決定を下しました。ファンからは、制作スタッフの健康を優先するこの決定に対し、理解と支持の声が多く上がっています。

まとめ

進撃の巨人のアニメは何話ある?全話数と驚愕の総再生時間!

  • 『進撃の巨人』のアニメは全90話です。
  • 『進撃の巨人』第3期は全22話から構成されています。
  • 『進撃の巨人』完結編(前編)は全7話です。
  • 『進撃の巨人』The Final Seasonは合計28話です。
  • 『進撃の巨人』アニメシリーズは、約60時間の総再生時間です。
  • 『進撃の巨人』アニメは原作漫画の「第139話」までをアニメ化しています。
  • 『進撃の巨人』アニメの放送延期は、新型コロナウイルスのパンデミックによるものです。

【関連記事】
驚愕!進撃の巨人にオカピのような巨人が登場?
進撃の巨人ファン必見!オカピの巨人の魅力を徹底解析
進撃の巨人:地下室の謎ついに解明!壁の外の衝撃的真実
進撃の巨人グロいシーン大公開!驚愕のトップ5!
進撃の巨人:ピークの運命は!? 死亡の真相を徹底解析!