ONE PIECE・ワンピース

【ワンピース】ヤマトの母親はブラックマリア?トキ?

【ワンピース】ヤマトの母親はブラックマリア?トキ? ONE PIECE・ワンピース
スポンサーリンク

ワンピースの人気キャラクター、ヤマト。その母親は誰なのか、これまでも多くの考察がなされてきました。

ヤマトの母親は、ヤマトの正体や、カイドウとの関係を考える上で重要な鍵となる人物です。また、ヤマトの母親が誰であるかによって、今後の物語の展開にも大きな影響を与えるでしょう。

そこで今回は、ヤマトの母親候補として挙げられている、ブラックマリアとトキについて、考察を進めていきたいと思います。

果たして、ヤマトの母親はどちらなのでしょうか?考察を読み進めれば、きっとその答えが見えてくるはずです。

スポンサーリンク

【ワンピース】ヤマトの母親はブラックマリア?

【ワンピース】ヤマトの母親はブラックマリア?

ヤマトの母親がブラックマリアである可能性は低いと考えられます。

その理由は、以下の2点です。

  • 年齢差が1歳しかない

ヤマトの年齢は28歳、ブラックマリアの年齢は29歳です。1歳しか差がないため、親子関係だとするには無理があります。

  • ブラックマリアはカイドウの部下

ブラックマリアはカイドウ率いる百獣海賊団の幹部である「飛び六胞」の一員です。カイドウの娘であるヤマトを部下として抱えるというのは、あまりにも不自然な関係です。

もちろん、ブラックマリアがカイドウの部下になる前に、ヤマトの母親だった可能性はゼロではありません。しかし、その可能性は非常に低いと考えられます。

ヤマトの母親は、ビッグ・マムや光月トキなど、他の候補が有力と考えられています。

スポンサーリンク

【ワンピース】ヤマトの母親はトキ?

【ワンピース】ヤマトの母親はトキ?

ヤマトの母親がトキである可能性は、かなり高いと考えられます。

その理由は、以下の3点です。

  • 見た目の似

ヤマトとトキは、顔立ちや髪型がよく似ています。これは、親子関係を暗示する伏線であると考えられます。

  • トキの能力

トキは、未来を見ることができる「時トキ」の能力を持っています。この能力を使えば、ヤマトを未来に送り、カイドウの暴政から守ることも可能だったと考えられます。

  • ヤマトの目的

ヤマトの目的は、ワノ国を開国し、光月家を復興することです。これは、トキの願いでもありました。トキの息子であるヤマトが、母親の願いを叶えようとしていることは、自然な流れであると考えられます。

もちろん、ヤマトの母親がトキであるという確証はありません。しかし、現時点では、最も有力な候補と考えられます。

以下に、ヤマトの母親がトキである可能性を裏付ける、具体的なエピソードや考察をいくつかご紹介します。

  • エピソード

ワノ国編の序盤で、ヤマトはトキの肖像画を見て、自分と似ていることに気づきます。また、トキはヤマトに「お前は、この世の未来を照らす光だ」と告げます。

  • 考察

トキは、光月家を守るために、ワノ国を20年先にタイムワープさせました。しかし、その際に、自分の息子であるヤマトも連れて行った可能性があります。ヤマトは、トキがタイムワープさせた先の世界で育ち、20年後にワノ国に戻ってきたと考えられます。

このように、ヤマトの母親がトキである可能性は、非常に高いと考えられます。今後の展開で、ヤマトの母親の正体は明かされるのでしょうか。

ワンピースのヤマトはなぜ息子と呼ばれている?

ヤマトは、本編20年前に光月おでんの公開処刑を目の当たりにした際に、おでんの見事な最期に感銘を受け、以降おでんに憧れるようになった。そのために自ら「光月おでん」を名乗り、彼と同じ性別、つまり男として生きるようになった模様です。

そのため、ヤマトは生物学的には女性ですが、自らを「息子」と称し、一人称も「僕」を使用しています。また、実の親であるカイドウや周りの幹部たちもヤマトを男性として扱っていました。

また、ヤマトは「氷鬼丸」というニホンオオカミを神格化したような姿に変身することができます。この姿は、おでんが持っていた「雷ぞう」に似ていることから、ヤマトがおでんに憧れていることを象徴するものと考えられています。

このように、ヤマトが息子と呼ばれているのは、本人の強い意志や、周囲の認知によるものです。

ワンピースのヤマトの能力は?

ヤマトの能力は、幻獣種・イヌイヌの実・モデル“大口真神”です。この能力によって、ニホンオオカミを神格化したような姿に変身し、冷気や氷を操ることができます。

人獣型の状態では、高い身体能力と強靭な肉体を持っています。また、氷をまとわせた金棒「氷鬼棒」を武器に、強力な攻撃を繰り出すことができます。

さらに、ヤマトは「氷鬼咆哮(ひもろぎほうこう)」という技で、冷気を放つことができます。この技は、一撃でうるティを気絶させるほどの威力を持っています。

また、ヤマトは「氷鬼丸」という姿に変身することもできます。この姿は、ニホンオオカミの姿をしており、体格が大きく、さらに強力な力を手に入れることができます。

ヤマトの能力は、まだ完全には解明されていませんが、その強さは四皇の子息ということもあり、かなりのものであることは間違いありません。今後の活躍にも注目です。

以下に、ヤマトの能力をまとめます。

  • 幻獣種・イヌイヌの実・モデル“大口真神”
  • ニホンオオカミを神格化したような姿に変身
  • 冷気や氷を操る
  • 強靭な身体能力と肉体
  • 氷をまとわせた金棒「氷鬼棒」を武器に、強力な攻撃を繰り出す
  • 「氷鬼咆哮(ひもろぎほうこう)」という技で、冷気を放つ
  • 「氷鬼丸」という姿に変身し、さらに強力な力を手に入れることができる

ワンピースのヤマトは仲間になる?

結論から言うと、ヤマトはワノ国編で仲間になることはありませんでした。

ヤマトは、ワノ国編の終盤で、ルフィから「麦わらの一味の10人目」として認められましたが、ワノ国を守るために、一味と一緒に海に出ることを辞退しました。

ヤマトは、ワノ国の将軍であるモモの助にワノ国の未来を託し、自分はワノ国を知り、そしていつか海に出ることを決意しました。

ヤマトが仲間にならない理由は、以下の2つが考えられます。

  1. ワノ国を守るという使命感
  2. まだワノ国を知らない

ヤマトは、ワノ国の将軍であるモモの助にワノ国の未来を託しました。そのため、ヤマト自身もワノ国を守るために、一味と一緒に海に出ることを辞退したと考えられます。

また、ヤマトはワノ国で生まれ育ったため、ワノ国のことはよく知っていますが、世界のことはあまり知りません。そのため、まずはワノ国を知り、そして世界のことを学びたいという思いも、ヤマトが仲間にならない理由の一つと考えられます。

ただし、ヤマトはルフィから仲間として認められており、今後、再び海に出る可能性は十分にあります。今後のヤマトの活躍にも注目です。

ワンピースのヤマトは死亡した?

2024年1月21日現在、ヤマトは死亡していません。

ワノ国編の最終章では、ヤマトはカイドウとの戦いに勝利し、ワノ国の将軍であるモモの助にワノ国の未来を託しました。その後、ヤマトはワノ国に残り、モモの助と共にワノ国を治めていくことになりました。

そのため、ヤマトは死亡したという情報は、現時点では存在しません。